このステッカーが目印です

スタンダードエリア

全国に広がる約4,000のアクセスポイント。空港、カフェ、ホテルなどで、あなたのビジネスを支えます。

代表的なサービス提供エリア

地下鉄の駅、空港、ホテル、カフェなどでご利用いただけます。

対応する料金コース・オプションでの追加料金

コース1

+315円/日(税込)

コース2

+315円/日(税込)

コース3

追加料金は不要

1DAY PASSPORT

1日限り追加料金は不要

ESS-IDとセキュリティーキー

ESS-ID

0033

セキュリティーキー

※セキュリティーキーの確認にはログインが必要です

※東京ミッドタウンについてはESS-IDが異なります。上記セキュリティーキーの確認、あるいはエリア検索からご確認ください。

注意事項

エリアの区分と使い分けについて

  • 「スタンダードエリア」のサービス提供エリアは、一部「カジュアルエリア」と重なっているため、2つのESS-IDでサービスが提供されている場合があります。
    • コース1のお客さまはカジュアルエリアのESS-IDを、コース2、コース3および1DAY PASSPORTのお客さまはスタンダードエリアのESS-ID「0033」を、ご利用ください。
    • コース1のお客さまはカジュアルエリアのESS-IDを定額の範囲内でご利用いただけますが、「0033」をご利用になった場合には日額315円(税込)がかかります。カジュアルエリアのESS-IDでご利用ください。
    • コース2、コース3のお客さまは「0033」を定額の範囲内でご利用いただけますが、コース2のお客さまがカジュアルエリアのESS-IDをご利用になった場合には日額315円(税込)がかかります。「0033」でご利用ください。
    • あらかじめご契約のコースにあったESS-IDを優先して検索するよう設定いただくと安心です。
    • カジュアルエリアと重なっているスタンダードエリアの例(※一例です)
      羽田空港、大阪国際(伊丹)空港、中部国際空港、岡山空港他(おかやまモバイルSPOT)、JR西日本(エキLANスポット)など

    ※カジュアルエリアのESS-IDは こちらからご確認いただけます。

スタンダードエリアのログイン画面について

  • コース1、コース2をご利用のお客さまがスタンダードエリアをご利用になると、日額315円(税込)がかかります。
  • スタンダードエリアは、ESS-IDが「0033」であること、ログイン画面が右の図のデザインであること、で確認できます。
  • ホットスポットでは、お使いの機器で接続設定をした後でWebブラウザを起動すると、自動にログイン画面が表示されます。ログイン画面はご利用エリアに応じて変わります。
  • スタンダードエリアのログイン画面は、暖色系の色合い(オレンジ)を基調に、ログインID・パスワード入力の背景に「ノートPCと無線」アイコンがあしらわれたものになります。

ご利用上のお願い

  • すべてのブラウザを閉じてもログアウトは完了しませんのでご注意ください。
    ※ログアウト画面からログアウトを行わなかった場合、20分間無通信にてデータが流れなかった場合に切断します。この間の料金は発生しますのでご注意ください。
  • 無線LAN機器の電源が切られずに電波の届く範囲にいますと、課金が継続される場合がありますのでご注意ください。
  • サービスエリアにおいて電源の供給は行っておりません。本サービスをご利用の際に必要な電源はお客さま自身でご用意ください。
  • 本サービスのご利用に関する利用条件等はサービスエリア毎に異なります。詳細はサービスエリアでの指示、および、ホットスポット公式サイトでの案内をご確認ください。
  • 当社もしくは当社以外の電気通信サービスからの信号の漏洩、もしくは電子レンジなどの電気製品等からの電磁波などの発生、または店舗等都合による点検や移設等の諸事情により一時的に利用できないことがあります。

サービスエリア最新情報(1月27日更新)

  • エリア情報更新(カジュアルエリア新規追加59)