セキュリティー ID・パスワードの保護/なりすましアクセスポイント対策/通信内容暗号化

ID・パスワードの保護

ホットスポットではログイン時にSSLを利用して「ログインID」「パスワード」を暗号化し、データの盗聴、改ざんを防止しています。

チェックポイント ログインページのアドレスが「https://」/鍵マークが表示されていますか?

なりすましアクセス・ポイント対策

ホットスポットではサービスエリアでログインした際、
(1) お客さまのお名前
(2) サービスエリア名
を表示し、正しいアクセスポイントであることと、お客さまを認証したことを表示しています。

チェックポイント 「ようこそ、お客さまの名前さん サービスエリア名へ」のような表示はされていますか?

なりすましアクセス・ポイントとは

無線LANサービスの正規アクセス・ポイントになりすまし、機器から個人情報を盗んだり、ウイルスやワームの不正侵入などの危険があります。

通信内容暗号化

ホットスポットでは通信内容を暗号化することで、セキュリティーの強化を実施しております。また、IEEE802.1X技術を利用すると、さらに安心してホットスポットをご利用いただくことが出来ます。

注意 カジュアルエリアではセキュリティーの仕様が異なります。上記の機能はご利用いただけません。

フィルタリングサービスのご紹介

ホットスポットでは、有害情報をブロックするフィルタリングサービスをご紹介しています。