迷惑行為に対する考え方

ホットスポットを利用した下記の行為は禁止しています。

ポータブルIPサービスにおける禁止事項(抜粋)

  1. 他人の知的財産権(特許権、実用新案、著作権、意匠権、商標登録等)その他の権利を侵害する行為又は侵害するおそれのある行為
  2. 他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為又は侵害するおそれのある行為
  3. 他人を誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為
  4. (詐欺、業務妨害等の)犯罪行為又はこれを誘発若しくは扇動する行為
  5. わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待にあたる画像若しくは文書等を送信し、又は掲載する行為
  6. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為
  7. ポータブルIPサービスにより利用しうる情報を改ざんし、又は消去する行為
  8. 他人になりすましてポータブルIPサービスを利用する行為(偽装するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます。)
  9. 有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他人が受信可能な状態のまま放置する行為
  10. 本人の同意を得ること無く不特定多数の者に対し、商業的宣伝若しく勧誘の電子メールを営業区域から送信する行為
  11. 本人の同意を得ること無く、他人が嫌悪感を抱く又はそのおそれのある電子メールを営業区域から送信する行為
  12. 当社若しくは他人の電気通信設備の利用若しくは運営に支障を与える、又は与えるおそれのある行為
  13. その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する態様でリンクをはる行為
  14. その他、公序良俗に違反し、又は他人の権利を著しく侵害すると当社が判断した行為

ホットスポットを利用した迷惑行為が弊社にて確認できた場合、ポータブルIPサービス契約約款に基づき迷惑行為実施者の利用停止、契約の解除等を実施することがあります。また、迷惑行為実施者がホットスポット提携ISPの会員であると判明した場合には、当該ISPへ情報提供し、迷惑行為実施者に対する措置等を実施していただくよう働きかけます。(最終的な判断は各ISPの約款に準じます。)